まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

杭径と杭種、どちらを上げる方がお得か

投稿日:2017年3月22日 更新日:

プレボーリングの既製杭、PHC杭をよく使うのですが、設計変更でもともと考えていた杭では持たなくなる

ということが結構ありますよね。

支持力が持たなくなったときは、杭径を上げるか、杭長を長くするかということになりますが、

杭の曲げが持たないとき、

杭種を上げるのか、杭径を上げるのか、どっちがいいのか迷うことがあります。

 

水平力は杭体の水平剛性と地盤の水平抵抗を考慮して振り分けられるので、

一部分だけ杭径を上げると、その杭がより多くの水平力を負担することになります。(剛床仮定のもとでは)

 

なので、杭の曲げが持たないからといって、杭径を1サイズアップさせても持たないなんてことが稀にあります。

単純に杭の曲げ耐力を上げたければ杭種を上げればいいんですが、コストも上がります。

 

A種→B種→C種の順に杭にかけるプレストレス力が大きくなり、杭の曲げ耐力も大きくなりますが、コストも上がります。

以前、建設物価などで調べましたが、

杭径を上げるよりも、杭種をB種からC種に上げた方が安いということが分かりました。

 

つまり、曲げ耐力のみを(少し)上げたい時は、杭径を上げるより、杭種を上げた方がお得ということですね。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地盤調査を深さ何mで止めるか?

“ 何メートルまでボーリングしましょう? もう止めていいでしょうか? ”   よく地盤調査屋さんから聞かれるやつですね。 N値50以上の洪積層の岩が出たら、埋め込む杭径分ぐらいの深さをボーリ …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、沈下の検討として圧密沈下の検討が記載されています。P.79より 1.直接基礎の沈下量は、圧密沈下量の計算によっ …

基礎工事の動画

瀬戸弘司の動画 じゃなくて、基礎工事の動画^^; 今はyoutubeでいろいろ見れるのでいいですね^^   ・アースドリル工法 ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削、バケット内部に収納さ …

地盤調査はしなくてもOKか?

政令第93条のただし書によれば、必ずしも地盤調査は必要ではありません。 地盤分類(礫か砂か粘土か等)が分かっていれば、第93条の表の値を採用することができます。 地盤分類は、近隣のボーリングデータがあ …

no image

沈下について

即時沈下‥透水性の高い砂質土に生じ、荷重が加わると同時に土中の水が移動し沈下は早期に終了する。 即時沈下は比較的表層部の弾性変形と考えられ、小規模建築物のような荷重度が小さい場合、問題となることはほと …

ブログ内検索

2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

NEW!! 2020年版発売されました

スポンサーリンク