まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎

杭径と杭種、どちらを上げる方がお得か

投稿日:2017年3月22日 更新日:

プレボーリングの既製杭、PHC杭をよく使うのですが、設計変更でもともと考えていた杭では持たなくなる

ということが結構ありますよね。

支持力が持たなくなったときは、杭径を上げるか、杭長を長くするかということになりますが、

杭の曲げが持たないとき、

杭種を上げるのか、杭径を上げるのか、どっちがいいのか迷うことがあります。

 

水平力は杭体の水平剛性と地盤の水平抵抗を考慮して振り分けられるので、

一部分だけ杭径を上げると、その杭がより多くの水平力を負担することになります。(剛床仮定のもとでは)

 

なので、杭の曲げが持たないからといって、杭径を1サイズアップさせても持たないなんてことが稀にあります。

単純に杭の曲げ耐力を上げたければ杭種を上げればいいんですが、コストも上がります。

 

A種→B種→C種の順に杭にかけるプレストレス力が大きくなり、杭の曲げ耐力も大きくなりますが、コストも上がります。

以前、建設物価などで調べましたが、

杭径を上げるよりも、杭種をB種からC種に上げた方が安いということが分かりました。

 

つまり、曲げ耐力のみを(少し)上げたい時は、杭径を上げるより、杭種を上げた方がお得ということですね。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

地盤改良の設計メモ

※20/01/14追記  建物本体が四号建築物であっても、基礎下を地盤改良する場合は、地盤改良は仕様規定から外れることになるため、  地盤改良の検討書は確認に提出してみてもらう必要がある。 &#821 …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

液状化のおそれのある層の摩擦力は無視するべき?

また杭です。 この際、杭シリーズとしてまとめておこうかな^^;   杭の許容支持力、極限支持力を求める際、液状化の恐れのある層の摩擦力は無視するべきなのでしょうか。 黄色本(2015年版 建 …

既存杭があったときどうする?

どうも。   花粉は吸ったほうが免疫が付くんじゃない? と言いつつ、薬に頼ってます。   また杭の話です。担当物件がただいま絶賛杭工事中なので、それに影響されてます^^; &nbs …

no image

杭基礎フーチング周りの寸法

■杭の最小間隔…施工性と支持力への影響を考慮して下記の値となっている。   杭間隔が小さい場合は群杭の影響を考慮する。 施工性、支持力や変位量の妥当な評価が可能であれば、上記の値にこだわる必 …

ブログ内検索

2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク