まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

建築構造設計とは?

投稿日:2017年3月19日 更新日:

Aさん「お仕事は何をされてますか?」

と聞かれたとき、構造設計者の皆さんはどう答えられていますか?

 

僕は、こんな風に言ってます。

僕「建築設計です。といっても、構造設計というものをしてます。」

Aさん「構造設計??」

僕「一般的なデザインをする仕事ではなくて、地震が来ても大丈夫なように、計算して骨組の大きさを決めたりする仕事です。そこにある柱とか梁とかの大きさですね」

 

ちょっとめんどくさい気もしますが、あまり一般的に知られている仕事ではないのでこうなるのも仕方ないかなと。(もっとスマートな言い方があれば、コメント欄にでも書いていただけるとありがたいです^^)

 

実際には、骨組の大きさだけでなく、

設計の初期段階では、骨組の配置や、種別(鉄筋コンクリート or 鉄骨 or 木)も考えます。

鉄筋コンクリート造であれば、コンクリートの断面の大きさの他に、中にある鉄筋の太さ、本数なども決めます。

鉄骨造であれば、骨組の大きさだけでなく、接合部をどんな形にするのかも重要になってきますね。

 

ちょっと細かい話になりましたが、大まかにいうならば、

意匠設計者が思い浮かべる建物をそのまま建てようとすると、施工不可能だったり、壊れたりする恐れがあって、実現できないことがある。それを実現させるためにお手伝いをするのが構造設計者の仕事。

という感じでしょうか。

0





-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ボーリング、SWS試験の手順

標準貫入試験(ボーリング)の手順って、教科書や参考書には 簡単に書かれていますが、これだけで実際やってみろっていわれてもできないですよね。 例えば「30cm貫入するのに必要な落下回数がN値」と言われて …

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱の防火被覆が必要 …

no image

仕事始め

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします^^ 今日が仕事はじめでした。 正月休みの前にはいろいろやってやろうと思ってたことがことごとく成し遂げられませんでした。 いや、正月休み …

圧密沈下の検討

「小規模建築物基礎設計指針」による圧密沈下の検討手順のざっくりメモです。 小規模指針では、SWS試験において自沈する地層など軟弱地盤で不同沈下が予想される場合は、沈下の検討を行うことが望ましいとされて …

no image

保有水平耐力を上げる方法

■RC造 ・指定層間変形角以前にヒンジが生じている部材の主筋を増やす。 せん断保証設計に注意。柱なら引張鉄筋比に注意。 ・断面を大きくする。 どの階のどの節点で指定層間変形角になっているか確認する。 …

ブログ内検索

最近のトピック

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事