まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

建築構造設計とは?

投稿日:2017年3月19日 更新日:

Aさん「お仕事は何をされてますか?」

と聞かれたとき、構造設計者の皆さんはどう答えられていますか?

 

僕は、こんな風に言ってます。

僕「建築設計です。といっても、構造設計というものをしてます。」

Aさん「構造設計??」

僕「一般的なデザインをする仕事ではなくて、地震が来ても大丈夫なように、計算して骨組の大きさを決めたりする仕事です。そこにある柱とか梁とかの大きさですね」

 

ちょっとめんどくさい気もしますが、あまり一般的に知られている仕事ではないのでこうなるのも仕方ないかなと。(もっとスマートな言い方があれば、コメント欄にでも書いていただけるとありがたいです^^)

 

実際には、骨組の大きさだけでなく、

設計の初期段階では、骨組の配置や、種別(鉄筋コンクリート or 鉄骨 or 木)も考えます。

鉄筋コンクリート造であれば、コンクリートの断面の大きさの他に、中にある鉄筋の太さ、本数なども決めます。

鉄骨造であれば、骨組の大きさだけでなく、接合部をどんな形にするのかも重要になってきますね。

 

ちょっと細かい話になりましたが、大まかにいうならば、

意匠設計者が思い浮かべる建物をそのまま建てようとすると、施工不可能だったり、壊れたりする恐れがあって、実現できないことがある。それを実現させるためにお手伝いをするのが構造設計者の仕事。

という感じでしょうか。

0
いいね! 0
読み込み中...





  

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

図面の消し込みチェックは〇〇色鉛筆で

担当物件の図面アップが近づいてきました。 構造図の間違いがないか、伏図と軸組図で齟齬がないか、チェックしたところを 塗っていく「消し込みチェック」をしています。 長い間、消し込みチェックには蛍光ペンを …

no image

エレベーターの構造

エレベーターは、大きく分けて「ロープ式」と「油圧式」があります。 一般のビルに用いるロープ式のエレベーターには釣合いおもりがありますが、 ホームエレベーターのような小規模なエレベーターは、 釣合いおも …

no image

月刊『建築技術』の特集 接合部その他

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の接合部その他に関する特集号一覧です。 ■接合部 年 月 No. タイトル 1997 4 565 鉄骨接合部の品質向上を目指して 2002 9 632 …

no image

いろいろな重量

■胴縁 ・C-100×50×2.3 :4.06kg/m → 40N/m @455 :40×1000/455=87.9N/㎡ → 100N/㎡ =0.1kN/㎡ (平米10キロ) ・ 0

no image

鉄骨造の柱の防火被覆について

鉄骨は不燃材料であり、木材のように燃えて灰になることはありませんが、 火災により温度が上昇すると、耐力が減少してしまいます。 一般的には600℃で耐力が半分になります。 鉄骨造3階建て以上の建物は、柱 …

ブログ内検索

2017年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサーリンク



ブログの更新をメールで通知

✉ブログの更新をメールでお知らせ↓

スポンサーリンク