まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

未分類

建築構造設計とは?

投稿日:2017年3月19日 更新日:

Aさん「お仕事は何をされてますか?」

と聞かれたとき、構造設計者の皆さんはどう答えられていますか?

 

僕は、こんな風に言ってます。

僕「建築設計です。といっても、構造設計というものをしてます。」

Aさん「構造設計??」

僕「一般的なデザインをする仕事ではなくて、地震が来ても大丈夫なように、計算して骨組の大きさを決めたりする仕事です。そこにある柱とか梁とかの大きさですね」

 

ちょっとめんどくさい気もしますが、あまり一般的に知られている仕事ではないのでこうなるのも仕方ないかなと。(もっとスマートな言い方があれば、コメント欄にでも書いていただけるとありがたいです^^)

 

実際には、骨組の大きさだけでなく、

設計の初期段階では、骨組の配置や、種別(鉄筋コンクリート or 鉄骨 or 木)も考えます。

鉄筋コンクリート造であれば、コンクリートの断面の大きさの他に、中にある鉄筋の太さ、本数なども決めます。

鉄骨造であれば、骨組の大きさだけでなく、接合部をどんな形にするのかも重要になってきますね。

 

ちょっと細かい話になりましたが、大まかにいうならば、

意匠設計者が思い浮かべる建物をそのまま建てようとすると、施工不可能だったり、壊れたりする恐れがあって、実現できないことがある。それを実現させるためにお手伝いをするのが構造設計者の仕事。

という感じでしょうか。

0





-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

屋上設備荷重などの考慮

屋上に設備機器を置く場合、 機器の基礎を押えコンの上に150mmのべた基礎を作ったり、500mm角×高さ500mmぐらいの基礎を作ったりしますよね。 その荷重をどう考慮するかですが、 小梁の上にきれい …

no image

保有水平耐力を上げる方法

■RC造 ・指定層間変形角以前にヒンジが生じている部材の主筋を増やす。 せん断保証設計に注意。柱なら引張鉄筋比に注意。 ・断面を大きくする。 どの階のどの節点で指定層間変形角になっているか確認する。 …

no image

月刊『建築技術』の特集 基礎

1996年から2019年7月までの月刊『建築技術』の基礎に関する特集号一覧です。 ■基礎 年 月 No. タイトル 1997 3 564 建築基礎設計法の現状と将来展望 1999 2 588 住宅基礎 …

no image

houzz

立面図にこだわる意匠屋さん

意匠屋さんは立面図の見た目を気にされますねー 実際、そんな高いところ下からまじまじ見る人いないって!(笑) (同業者は稀に見るかもだけど^^;) 立面図を書くと目の前に見えるし、図面になったときにかっ …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事