まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

基礎 計算ソフト

「浮き上がりを考慮する」とは

投稿日:2017年3月27日 更新日:

電算のソフトに「浮き上がりを考慮するorしない」という入力項目があると思います。

 

浮き上がりを考慮するorしないとはどういうことかというと、

 

浮き上がりを考慮する … 支点の鉛直変位を拘束しない

浮き上がりを考慮しない … 支点の鉛直変位を拘束する

ということです。

 

静的荷重増分解析で、耐震壁付きのフレームにおいて浮き上がりを考慮するとどうなるでしょうか。

浮き上がると踏ん張りが効かなくなるので、浮き上がった箇所の耐震壁は効きが悪くなり、ほかの耐震壁や柱がそれ以降の水平力を負担するようになります。

(片足を浮かした状態で横から押されるとすぐに倒れそうになりますよね。)

 

一方、浮き上がりを考慮しないとすると、耐震壁が水平力を負担し続けますから、せん断破壊(脆性破壊)が生じてFDランクとなる可能性が高くなります。

 

静的荷重増分解析で浮き上がったからといって、実際浮き上がるのかというと、「浮き上がらない可能性のほうが高い」です。(Ai分布がどういうものかを考えるとわかると思います。)

つまり、浮き上がりを「考慮しない」で計算するほうが実情に合っていて、安全側の計算でもあるといえるのです。

ということで、Ds算定時には浮き上がりを「考慮しない」として計算することになっています。(ちなみに、浮き上がりに対するDs値は設定されていませんよね)

同様の理由で、保有水平耐力算定時にも、浮き上がりを「考慮しない」として計算するほうが安全側であるという考えがあります。(黄色本p.393、p.398に解説あり)

 

じゃあ、浮き上がりを「考慮する」必要は全くないのかというと、ちょっと違います。

 

一次設計時にも浮き上がりを考慮するかしないかという設定があり、一次設計時には、どの支点においても浮き上がりが生じてはならないことになっています。これは、一次設計で浮き上がりが生じないようにしていれば、大地震時にも浮き上がらないだろうと考えられているからだとか(^^;
一次設計時に浮き上がりを考慮した解析をするときの注意点は、
 ①直交方向の応力に対しても断面設計する(浮き上がりが発生した時点で支点を解除するため直交部材にも応力が再配分されるため)
 ②水平荷重時の正・負加力時に対して検討する。
 ③浮き上がり抵抗力を適切に入力する。

 

二次設計時には浮き上がりの他に、圧壊というものがありますね。これはなんでしょうか。

 

浮き上がりを考慮するべき建物とは?

・新築建物の場合

平19国交告第594号第4第五号に、「転倒に対する検討」についての規定があります。

これは、地上部分の塔状比が4を超えるようなスレンダーな建物は、「Co=0.3以上とした水平力」or「保有水平耐力時」に対して全体の転倒が生じないことを確かめてください。というものです。

具体的には、「浮き上がり」または「圧壊」が生じないことを確かめます。

 

また、「構造計算適合性判定を踏まえた 建築物の構造設計実務のポイント」(日本建築センター, 平成28年2月10日)によると、

 ただし、支点ピンという条件は、基礎は剛強につくることを前提とした仮定とも考えられます。

搭状比が4未満であっても軸力変動が大きい支点では、搭状比が4を超える場合の検討に準じて、保有水平耐力時にも基礎が支持力を失わないことを、法令外の自主的な検討として確認しておくのが望ましいといえます。

搭状比が4未満でも、支点反力のオーダーを確認して、あまりにも大きいようであれば、転倒の検討を自主的にしておいたほうがいいということですね。

 

・診断、補強物件の場合

既存鉄筋コンクリートの耐震診断基準で、3次診断をする場合。(僕は3次診断はやったことないですが^^;)

鉄骨造の屋体基準(屋内運動場等の耐震性能診断基準)には、F値の表に「引抜きによる浮上り」というものがあり、浮き上がりを考慮することになっています。

 

(参考文献)

・構造計算適合性判定を踏まえた 建築物の構造設計実務のポイント
・2015年版 建築物の構造関係技術基準解説書
・2015年 構造設計Q&A集

 

補足

立体解析で浮き上がりを考慮しないで計算して出てくるマイナスの支点反力=「浮き上がり力」は大きな値になっていても、浮き上がりを考慮すると、それほど大きな値にならないことがあります。これは支点に直交する地中梁(のせん断力)によって押さえ込みが働いているためです。

 

 

 

 

3+

Users who have LIKED this post:

  • avatar





-基礎, 計算ソフト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

仕上げ重量に要注意

鉄骨のちっこい平屋をSS7などの一貫計算ソフトで計算する場合、 仕上げ重量を考慮するかどうかで、だいぶ重量が変わってきます。 SS7では仕上げ重量がデフォルトで500N/㎡考慮されます。 これは、2. …

液状化のおそれのある層の摩擦力は無視するべき?

また杭です。 この際、杭シリーズとしてまとめておこうかな^^;   杭の許容支持力、極限支持力を求める際、液状化の恐れのある層の摩擦力は無視するべきなのでしょうか。 黄色本(2015年版 建 …

no image

パラペットの風圧力

パラペットにかかる風圧力の電算での考慮。 RC造の場合は、パラペット入力をするから忘れることはないんですが、 S造のとき、パラペットがRCで立ち上がらなかったりするときに、パラペットの荷重だけ 特殊荷 …

no image

大地震時に液状化する場合の判断

直接基礎で設計する場合、 中地震時の検討では液状化が起こらないことを確認しますが、 大地震時にFL値が1以下になった場合、どの程度であれば大丈夫と言えるのか。 建築基準法上は、(限界耐力計算を除いて) …

no image

偏心率がおかしい

平面的に不整形な建物の立体解析をしたら、偏心率がおかしな値になってしまいました(^^;   まあ、予想はしていたのですが、ソフトの仕様上、「ねじり剛性や水平剛性が0または負になった場合はFe …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事