まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

RC

RC柱梁接合部の保証設計

投稿日:2019年8月10日 更新日:

柱梁接合部の(せん断)保証設計ってなかなか余裕度を確保するのが難しいですよね^^;(僕だけでしょうか…)
柱はそのままで、梁を変更した場合どうなるのか、検証してみたいと思います(`・ω・´)

①梁主筋本数を変えずに1段筋を2段筋にするとどうなるでしょう?

梁の曲げ耐力が減少するから、接合部に作用するせん断力も減少して、せん断余裕度Vju/QDuは増加するでしょうか?
ということで、検証してみます。

■例:梁上端筋6本を5/1に変更し、梁崩壊のままの場合。

・Tu :梁主筋とスラブ筋の材料強度に基づく引張力 … 変化なし
・Mb1(Mb1’) :接合部に接続する左側(右側)の梁の節点モーメント(曲げ耐力) … 少し減少する
・Qcu:接合部に接続する上下柱のメカニズム時せん断力(接続する上下柱のはり曲げ降伏時せん断力の平均値) … 少し減少する(Mbが減少するため)
・QDu:接合部の設計用せん断力 … 少し増加する
QDu=Tu+Tu’-QcU において、Tuは変化なしでQcUが小さくなるためQDuは増加する。
・Vju:接合部の終局せん断強度 … もちろん変化なし

よってVju/QDu(余裕度)は、減少してしまいます(-_-メ)

なんか感覚と違うんですけど、
そういう計算式で計算してるからってことですよね、きっと。

 

②梁主筋本数を変えずに梁せいを上げた場合どうなるでしょう?

■例:梁せいを800から900に上げ、梁崩壊のままの場合。

・Tu … もちろん変化なし
・Mb1 … もちろん増加する
・Qcu … 増加する(Mbが増加するため)
・QDu … 減少する
QDu=Tu+Tu’-QcU において、Tuは変化なしで、Qcuは増加するためQDuは減少する。
・Vju … もちろん変化なし

よって、Vju/QDu(余裕度)は、増加します(^^)/

 

まとめ

梁主筋本数を変えずに1段筋を2段筋にしても接合部設計には効果はありません。
梁主筋本数を減らせばメカニズム時に接合部に作用するせん断力は減少し、保証設計に有利となります。
接合部の体積、Fcを上げると、接合部の耐力が上昇します(当たり前か^^;)。
接合部の体積を増やすには、柱巾、せいを上げるか、梁巾、せいを上げるか、梁に水平or鉛直ハンチを設けるとよいです。

もっと細かく考えると、
■梁崩壊の場合
 ・接合部の水平有効断面積を増やす。(柱サイズ、梁幅を上げる)
 ・梁主筋本数を減らす。
 ・梁せいを増やして(梁主筋本数はそのまま)梁の曲げ耐力を上げることで、設計用せん断力を減らす。
 ・(梁崩壊となるうちは柱主筋本数はほぼ関係なし。)

■柱崩壊の場合
 ・接合部の水平有効断面積を増やす。(柱サイズ、梁幅をあげる) 
 ・柱主筋本数を減らす。
 ・梁せいを増やして設計用せん断力を減らす。(Dc/DbのDbが増えるので鉛直せん断力が減る)
 ・(柱崩壊となるうちは梁主筋本数はほぼ関係なし)

※柱崩壊か、梁崩壊かの判定は、危険断面位置での曲げ耐力ではなく、節点位置での曲げ耐力によるので注意。

0





-RC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

付着と定着

RC規準では、 ・付着及び継手に関しては  長期+短期+安全性確保の検討が必要 ・定着に関しては  安全性の確保のみが要求されている。 異形鉄筋の場合、付着の破壊は付着割裂破壊となる。 これは、鉄筋が …

no image

RC造のAwに算入できる耐力壁

RC造ルート1、2-1、2-2においてAwに算入できる耐力壁 告示 平成19年国交告第593号には、 Aw 当該階の耐力壁のうち計算しようとする方向に設けたものの水平断面積(単位 平方ミリメートル) …

no image

クレーンの最大車輪圧

クレーンのある建物の構造設計ってめんどくさい! でも、やる度に設計方法の改善点が見つかり、それが面白くもあります^^ 「クレーン付き建物の構造設計指針」みたいなのができたら、ある意味らくなんでしょうけ …

no image

構造的に無視しても良い開口の大きさ

この開口、構造的に無視してもいいんだっけ?っていう小さい開口、たまにありますよね。 どれぐらいまでならOKなのか。 黄色本p.318から一部抜粋します。 開口部を設けない場合と同等以上の剛性、耐力を有 …

no image

壁式RC造

≪壁式鉄筋コンクリート造 規準の変遷≫  ・1952年 鉄筋コンクリート壁式構造の設計規準  ・1965年 壁式プレキャスト鉄筋コンクリート造設計規準  ・1982年 プレキャストの第一次改訂版  ・ …

ブログ内検索

最近のトピック

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事