まちの構造屋さん

建築設計、おもに構造設計についての備忘録など。 ご意見・ご質問などコメントお待ちしております ♪(ページ右上にあります)

S

アンカーボルトは中ボルトじゃない

投稿日:

私が入社して間もないころ、アンカーボルトの計算で高力ボルトの耐力を用いて計算していたため、

上司に「アンカーボルトは高力ボルトじゃない。中ボルトですよ。」と言われ、ああそうなんだと何年か思っていました。

たしかに、高力ボルトではありませんよね^^;  いやぁうっかり。

じゃあ中ボルトなのかというと…

普通の間柱なんかのアンカーボルトはSS400なんですよ。それに鋼構造設計規準をみても中ボルトだとは書いてない。

中ボルトっていうのは胴縁なんかをとめる時に使う、六角形の頭がついた短い六角ボルトなんですよね。

 

実は、昔の鋼構造設計規準では、アンカーボルトの計算をするときはSS400であっても中ボルトの耐力で計算するという

規定があったんです。解説文によると当時はネジ部の精度が取れなかったからだとか^^;

ややこしいですね(‘_’)

 

今の鋼構造設計規準からはこの規定は削除され、普通にボルトの種類ごとの耐力を用いてよいことになっています^^

なので、SS400のボルトであれば長期ftは235/1.5でOKです。

 

 

0





-S

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

H-350の細幅とH-244の中幅

部材せいが違うだけで、フランジ幅、板厚は同じなんですね。 H-350×175×7×11 H-244×175×7×11 Iy、Zyは同じで、Aが異なるので、iyは少しだけH-244が大きくなっています。 …

引張ブレースの設計

久々にブレースの設計をすると、断面積に全断面積Agか有効断面積Aeのどちらを 使うのかわからなくなります(いまだに^^;) 今度こそってことで、まとめておきたいと思います。   ・山形鋼、溝 …

no image

クレーンの最大車輪圧

クレーンのある建物の構造設計ってめんどくさい! でも、やる度に設計方法の改善点が見つかり、それが面白くもあります^^ 「クレーン付き建物の構造設計指針」みたいなのができたら、ある意味らくなんでしょうけ …

電算で小梁を断面算定させたときにNGになる理由

電算で、ブレースと小梁を入力するために、通り・節点を追加して梁を入力し、両端ピン指定することがあります。 小梁は、小梁検討用の床荷重で断面算定するため、電算では断面算定省略指定をして断面算定させないの …

no image

仕口部の保有耐力接合とかいうやつ

角形鋼管柱にH形鋼の梁が取りつく仕口の保有耐力接合ってめんどいですよね。 最近は電算で自動計算できるようになったのでありがたいことですが。 柱スキンプレートの面外変形を考慮した上で保有耐力接合にしない …

ブログ内検索

よく読まれてる記事

よく読まれてる記事